フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

« 共産主義者同盟赤軍派&大衆組織 革命戦線全国委員会 | トップページ | 第四インター日本支部その2 武装蜂起準備委員会(AIPC プロレタリア軍団) »

2009年3月16日 (月)

第四インター日本支部その1 国際主義共産学生同盟

改訂版の記述はこちらへ

HP版ボリューム(E:) 日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)

 

【名称】国際主義共産学生同盟
【上部団体】第四インター日本支部・日本革命的共産主義者同盟多数派
【ヘルメット】赤地に「槌と鎌」。

「日本革命的共産主義者同盟」というように、元々は中核派や革マル派と同一の組織からの分派である。
1957年1月に黒田寛一(後の革マル派議長)、太田竜(一次分裂)、西京司(二次分裂関西派)らにより結成された
「日本トロツキスト連盟」が全ての源流である。同年12月には「日本革命的共産主義者同盟」へと改称。1958年7月に太田竜らが脱退、「日本トロツキスト同志会」を結成し、これが後のBL派へと繋がっていく。これを俗に「一次分裂」というが1959年8月に「二次分裂」が発生する。これは黒田派と関西派の対立によるもので、黒田らは除名され「革命的共産主義者同盟全国委員会」を結成する。これが後に更に分裂して中核派と革マル派になる。
1958年7月に太田竜らが脱退、結成した「日本トロツキスト同志会」は1959年1月に「国際主義共産党」に改称、更に3月に「第四インターナショナル日本委員会」と改称したものの8月に分解。この流れと関西派が合流して1960年11月に「第四インターナショナル日本支部・日本革命的共産主義者同盟」を結成した。その後1961年までに第四インター内部には太田派、西・岡谷派、青年インター派の三潮流が形成されたものの、1962年6月に「労働者階級解放闘争同盟」が結成され、翌年八月には結成されて間もない中核派へ合流する。1965年4月には太田派と西派の合同で「純トロ派」が結成され、これが西らの多数派と、太田らのBL派に繋がっていく。

社青同プロレタリア国際主義派は社青同から離脱し、1969年3月に国際主義共産学生同盟として発足した。

19680726
1968.07.26 キューバ革命記念日デモ




« 共産主義者同盟赤軍派&大衆組織 革命戦線全国委員会 | トップページ | 第四インター日本支部その2 武装蜂起準備委員会(AIPC プロレタリア軍団) »

ゲバスタイル」カテゴリの記事

党派活動」カテゴリの記事

学生運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178491/28645581

この記事へのトラックバック一覧です: 第四インター日本支部その1 国際主義共産学生同盟:

« 共産主義者同盟赤軍派&大衆組織 革命戦線全国委員会 | トップページ | 第四インター日本支部その2 武装蜂起準備委員会(AIPC プロレタリア軍団) »