フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

トップページ | 労働組合その1 全沖縄軍労働組合 »

2009年3月 2日 (月)

ゲバスタイルQ&A

この記事は2009年3月に執筆したものですが、HP・ブログの一時閉鎖及び再公開の際に、HPに移し、内容を大幅に加筆いたしました。

HPの加筆した記事をご覧ください。

ボリューム(E:) ゲバスタイル総説

https://sites.google.com/site/nagato0326/gewalt_style

なるべく読んでもらえるとありがたいかも。

Q.1 そもそもゲバスタイルって?
A.1 ヘルメットにタオルによる覆面が基本。オプションでスローガン入りのゼッケンや角材、安全靴、そろいのヤッケなどなど。

Q.2 見たこと無いけど?
A.2 現在街頭で普通に被っているのは革マル派、革労協現代社派、革労協赤砦社派の各全学連・反戦青年委員会だけ。集会会場や周辺でなら、マル学同革マル派、共産同(統一委)、共産同蜂起派、中核派中央派全学連、学生組織が被ってます。特に革労協二派の関連団体は多いです。両派合わせて4団体を確認(但し二派の分裂に伴って分裂したものは数えず)。その他にも法政大文化連盟も黒ヘルを被っている方が居るようです。昔は沢山の団体がかぶってたんですけどね…。
※追記:一般的に右翼とされる団体にも被っているところがあります。統一戦線義勇軍や大東亜倶楽部など。

Q.3 いつのヘルメットを紹介するの?
A.3 原則として現在も使用されている物は紹介しません。基本的に紹介するのは60-80年代に使用されたヘルメットだけです。現在のを紹介すると「権力への売り渡し」などと誤認される恐れがあるからです。彼らは写真を撮られることを極度に嫌います(機関紙に載ってることは載ってるけどね)から、見かけても写真は撮らない様にしましょう。100%怒られます。

Q.4 家にもヘルメットがあった!
A.4 間違っても捨てないで下さい。よろしければ写真を撮って送っていただけるとありがたいです。またお譲り戴ければ文字通り涙物です。ヘルメットについて何か質問がございましたら、解る範囲でお答えいたしますのでご連絡ください。いずれの場合も右端のメールフォームをご活用ください。

後は追々書いていくことにして…。

ヘルメット一覧 1970.02.01現在

19700201_2





トップページ | 労働組合その1 全沖縄軍労働組合 »

ゲバスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178491/28441290

この記事へのトラックバック一覧です: ゲバスタイルQ&A:

トップページ | 労働組合その1 全沖縄軍労働組合 »