フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

« 訃報:太田竜氏死去 | トップページ | 【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か »

2009年5月28日 (木)

全国自治会共同闘争会議諸派その3 民主主義学生同盟

改訂版の記述はこちらへ

HP版ボリューム(E:) 日本のこえ

 

【名称】民主主義学生同盟 (旧民学同右派)
【上部団体】日本のこえ同志会
【ヘルメット】緑地に「民学同」。

春日派が社革新を離脱した後、社革主流派の内藤派は1962年8月青年学生運動革新会議を改組して日本共産主義青年同盟準備会を結成した。翌年1963年9月社革新準備会は「準備会」を取り去って社会主義革新運動を発足させ、内藤・春日両派は正式に分離した。
一方で1963年7月、安保反対・平和と民主主義を守る全国学生自治会連合(平民学連)から構改派系が離脱し、民主主義学生同盟が設立され、翌1964年7月部分的核実験停止条約に賛成したことで党を追われた志賀義雄、中野重治、鈴木市蔵らによって結成された日本のこえ同志会派の学生が流入し結果的に民学同は日本のこえ同志会の指導下に入ることになった。

1966年7月構改三派(社会主義革新運動、統一社会主義同盟、日本のこえ同志会)の間で新しい前衛組織結成の話し合いが持たれたが、三派それぞれの中で賛成派反対派が入り乱れた。
結果として1967年2月社会主義革新運動と日本のこえ同志会多数派と統一社会主義同盟の一部(社会主義統一有志会)が参加して共産主義労働者党が結成され、内藤知周議長が選出された。
従って民主主義学生同盟も共労党系と日本のこえ系の2系列に別れ、前者は民学同(左派)、後者は民学同(こえ派)と称せられていた。
1967年10月、日本のこえ同志会から中野重治らが、日共の統一促進と言う当初の目的から逸脱したとして組織的脱党を行い、日本のこえ同志会は志賀派を中心とする少数派に転落した。
なお民学同(左派)は1969年3月プロレタリア学生同盟と改称された。

緑地に「民学同」というのは私がアサヒグラフ上で写真を確認したものであるが、全学連各派においては白地に「民学同」となっている。



« 訃報:太田竜氏死去 | トップページ | 【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か »

ゲバスタイル」カテゴリの記事

党派活動」カテゴリの記事

学生運動」カテゴリの記事

自治会共闘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178491/28944031

この記事へのトラックバック一覧です: 全国自治会共同闘争会議諸派その3 民主主義学生同盟:

« 訃報:太田竜氏死去 | トップページ | 【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か »