フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

« 【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か | トップページ | 全国自治会共同闘争会議諸派その5 プロレタリア学生同盟 »

2009年6月11日 (木)

全国自治会共同闘争会議諸派その4 共産主義学生同盟

改訂版の記述はこちらへ

HP版ボリューム(E:) 社会主義労働者同盟

 

【名称】共産主義学生同盟
【上部団体】社会主義労働者同盟
【ヘルメット】緑地に「共学同」。

1966年7月構改三派(社会主義革新運動、統一社会主義同盟、日本のこえ同志会)の間で新しい前衛組織結成の話し合いが持たれたが、三派それぞれの中で賛成派反対派が入り乱れた。賛成派は共産主義労働者党の結成へ向かったが、反対派は社革内反対派である中村丈夫らは1966年11月新たに社会主義労働者同盟を結成、その下部学生組織として1968年3月共産主義学生同盟を結成した。

19700515
1970.05.15 羽田空港に突入をアピールし、大師橋下埋立地で部隊に突き当たる全共斗など(愛知外相訪ジャカルタ阻止斗争)



« 【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か | トップページ | 全国自治会共同闘争会議諸派その5 プロレタリア学生同盟 »

ゲバスタイル」カテゴリの記事

党派活動」カテゴリの記事

学生運動」カテゴリの記事

自治会共闘」カテゴリの記事

コメント

「1968年3月共産主義学生同盟を結成した」(09年6月11日)とのご記述について、間違いだと思うので、ご連絡します。『回想の全共闘運動-今語る学生叛乱の時代』(彩流社、2011年10月)という本の95~98ページに、関連した記述があります。その98ページには「67年初頭に再編発足した共産主義学生同盟(以下、共学同と略す)」という記述があります。96ページには「12、3人の共青同盟員が踏みとどまり、新たに学生同盟へと改編して再出発しようということになった。それが66年末から67年初めの動きである」とあります。
私はその同盟員であったことはありません。しかし、かつてその同盟員であった人は何人も知っています。今まで口頭で聞いていたことと、この本の記述は同じです。


御連絡ありがとうございます。
当該文献を取り急ぎ入手し確認の上で訂正いたします。当方が参考にした書籍は当時の文献である、社会問題研究会編『全学連各派』増補改訂’70年版であり、そこに於いては上記の記述となっておりました。当時も情報が少なかったようで、共学同の源流についても共青のながれであろうという推定しかなされていませんでした。
貴重な情報ありがとうございました。現在準備中のHPでも同じ記述をしており、誤りを重ねるところでした。確認でき次第こちらのブログと開設予定のHPの双方で訂正を行います。


追伸:名前欄にお名前を記入いただけると幸いです。

昨日当該書籍を購入し、内容を確認いたしました。
共学同の設立経緯に止まることなく、東京教育大に拠点があったということで別の写真集の東京教育大の写真を参照し、ヘルメットを新たに見出すことができたほか、67年10・8以降にヘルメットを被り始めた経緯なども記述されており大きな収穫となりました。
後で本文の加筆訂正を行います。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178491/28944206

この記事へのトラックバック一覧です: 全国自治会共同闘争会議諸派その4 共産主義学生同盟:

« 【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か | トップページ | 全国自治会共同闘争会議諸派その5 プロレタリア学生同盟 »