フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

« 京都大学のヘルメットいろいろ | トップページ | 革労協赤砦社派公式HPを開設 »

2011年8月30日 (火)

新規取得資料紹介

twitterの方では随時紹介しているのですが、どうやらあちらを見ていない方も大分いらっしゃるようですのでこちらでも目ぼしいところを一通り紹介することにします。
こちらで紹介した資料は既にPicasaの方でも閲覧可能です。

【名称】共産主義者同盟赤軍派
【ヘルメット】赤地に「赤軍」。

Photo

動労ヘルメットとの交換で入手したヘルメット。1977年製なので、よど号(70年)や連赤(72年)の後に国内で活動していた赤軍派のものと思われる。
このヘルメットは05年に管制塔元被告連帯基金運動の際に販売されたもので、『管制塔元被告連帯基金運動 4ヶ月の記録』76頁に写真あり。


【名称】国鉄動力車労働組合
【ヘルメット】白地に鉢巻状青線に「助士廃止反対」。

Photo_2
Photo_3
2
2_2
1

助士廃止が当局によって打ち出されたのが1967年、1969年にはこれに反発した労働組合側によって大規模なストライキが打たれるに至った。この助士廃止反対闘争時のものと思われる。
紐ヘルではないが、私の所有する80年代の動労ヘルに比べると相違点が多い。

【解放派ゲバスタイル】

・解放派ゼッケン

2_3 1_2

一枚布に表と裏にガリ版でスローガンが刷られていて、中央部に首を通すための切り抜きがある。売り手によれば1974年頃のものとのこと。この頃の社青同機関紙「団結の砦」はほとんど手元にあるので、スローガンなどから大まかな時期を推定することは可能と思われる。

・社青同東京地本 腕章

1_3

・社青同 旗

1_4

キュプラの赤い布にスプレーで「社青同」と書かれている。竹竿やバイプにガムテープで付けたとのこと。大きさは約90cm×約70cm。現在でも解放派のデモでは先頭の横断幕や旗の他に沢山の赤旗が翻っている。そのような用途に使われたものと思われる。

ゼッケンや腕章はヘルメットをかぶるような「戦闘的」なデモでは(これの前所有者の活動家は)使わなかったとのこである。その理由は『機動隊に切られてしまうから』だという。当時のデモがどれほど激しいものであったかを物語るエピソードである。

またこのことはデモの際の服装規定がそれほど厳しいものではなかったということをも示唆する。

・ゲバスタイル再現

.11

手元にあった国労中央支部のヤッケに腕章とゼッケンを合わせてみた。なんとなく雰囲気は掴んでもらえるのではないか。

・解放派プロテクター

2_4 3

段ボールに竹を並べ、それを布ガムテープで固定し、それをゴム紐で体に固定するようになっている。競技用なぎなたの防具の脛当てに似る。そもそもは機動隊の装備にヒントを得たものであろうか。

写真のものは腕と二の腕用で、他に肩や脛用の物もあったという。70年代に考案され急速に普及し、簡単な作りながらも十分な効果を発揮したとのことである。

追記

このプロテクターについてだが、似たような代物を同時期以降の中核派も服の下に着用し対カクマル戦に備えていたとのことである。飽くまで革マル派対策であってデモでは着用しなかったそうだ。

追記2

昨日資料紹介-マル学同中核派メット(写真提供)&中核派全学連メット(新規取得資料)を書いている時に赤色土竜党のコンテンツを読んでいたら宣伝戦線第7章「強固な隊列のために」にこのプロテクターに類似するものと思われる防具代用品の記述があったので引用する。

●闘争が激烈になると予想される時は、肩や腹を新聞紙などでしっかりと防護する。また、腕には篭手(ない場合にはガムテープとワリバシで代用)をつける。全身をしっかり守って存分に闘いを遂行しよう!

これで解放派、中核派、第四インターでこういった防具の使用が確認された。

« 京都大学のヘルメットいろいろ | トップページ | 革労協赤砦社派公式HPを開設 »

ゲバスタイル」カテゴリの記事

党派活動」カテゴリの記事

全学連」カテゴリの記事

労働運動」カテゴリの記事

学生運動」カテゴリの記事

実物資料」カテゴリの記事

コメント

よくぞ、貴重なモノを収集されているもの、と関心しております。
解放派の学生や反戦の活動家のスタイルは概ね想像の通りでありますが、労働戦線の大衆動員ではかなり出で立ちも異なってくるのでしょうか。
こういったところからも、運動スタイルの内部での違いが推測されますが、いかがでしょうか。
解放派系統の各組織各戦線の機関紙誌を様々蒐集されているなかで、それぞれの内部での力関係、他の戦線との主張の微妙な違いを調べられたら、解放派の全貌に近づくことができるかもしれませんね。
社民サンジカリストや社会党変革論から、武闘派までを包括したプロ統潮流というのは、運動研究に於いて興味深いテーマです。

ノンポリ労働者さん

コメントありがとうございます。
解放派のゲバスタイルの写真に関してですが、74年頃からの解放の写真は比較的鮮明で一紙あたりの掲載数も多いのですが、それ以前ですと基本的に写真が不鮮明で資料としては扱いづらく、十分な資料があるとは言えない状態です。そのような状況で私の持っているようなゼッケンに近いものは確認できていません。一番いいのは縮刷版を買うことなんですが、一番最近出た解放の縮刷版はべらぼうな値段(趣味者の中には「反革命的な値段」というひともありますが)がしたので断念しています。国会図書館なんかにもあるとは思いますが一枚で25円くらいとられますのでこれも…という感じです。
私の収集した資料ついては、全て何らかの形でボリューム(G:)やPicasaで公開し、私が研究に役立てられなくとも何らかの形で研究に寄与出来たらと考えています。
私は学生の身分で労働者に比べれば時間もありますが、現在の社会経済状況から考えると先行きが不透明で、この趣味をやめるなんてことは全くありませんが研究自体は前進せず、散逸を恐れて買い集めた資料が私の様な不勉強な趣味者の蒐集欲を満足させる為にのみ機能するような、まさに慰み者となって死蔵されてしまうのは避けたいと考えています。

またノンポリ労働者さんがボリューム(G:)の方で言及なさっていましたが、様々な資料の収集に止まらず、当時の活動家や単に動員された人の話だけでも収集し蓄積することに大変大きな意義があるとは感じています。何らかの形で、そのような証言を収集出来たらよいのですが、その際に「秘密厳守」というのは事の性質上絶対的な条件だと思います。しかし私が「秘密を厳守する」と言っても信じてもらいなければ仕方ないわけで、有効な証言を蓄積していく仕組みを作らなければとは思っています。

正直宿題だらけで、何をしたらよいのか…というのはあります。これからもいろいろと考えていきたいと思いますが、コメント欄やメールフォームなどを通して様々な方から意見を賜れればと思います。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178491/41422551

この記事へのトラックバック一覧です: 新規取得資料紹介:

« 京都大学のヘルメットいろいろ | トップページ | 革労協赤砦社派公式HPを開設 »