フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

労働組合

2010年9月 8日 (水)

【番外】 1968-1972年ごろの革マル派機関紙「解放」

1968-1972年頃の革マル派機関紙「解放」を沢山(126-165号(131-133号欠) 205-229号(215号欠))入手する機会に恵まれたので、その中から興味深い物を公開したいと思う。

本来機関紙というごくごく普通な品物は入手したからといってこういう風に公開することはない。
しかしながら革マル派は学生運動最盛期から日本の左翼界の主要な位置を占め、また現在に至るまで勢力を維持しており、その存在を無視することは出来ないにも拘らず、革マル派「解放」は中核派「前進」や第四インター「世界革命」などの様に縮刷版が発行されておらず、過去の機関紙をみるのが他派と比べて容易でないのだ。

※実はかつて革マル派も縮刷版のようなものを限定一部(!)で発売したことがあった。ところがそれは縮刷版ではなく、今までの「解放」の実物を合本にしたもので100万円以上の値が付けられていた。
…うん、正直欲しいよね。おくところ無いけど。

と、いうわけで公開しようと思うのだが、こういうことをやってて心配になるのはやはり「スパイ」扱いをされないかということだ。
まぁそうは言ってもビラとかの入手が困難なものを公開するのではなく、極論を言えば100万円出せば確実に入手できるものなので問題は無いと考えている。ましてや40年前のものなのでなおさら構わないと思っている。

さて本題に戻ろう。今回扱うのはブログの本旨でもあるゲバスタイルに関することと、その他なんとなく目にとまったものである。スキャナを使えばいいのだが面倒くさいのでコンデジで接写した。
(接写して気付いたのだが、このコンデジは古い。ホントに古い。近々お金を貯めて買おうと思うがいつになるやら。)
デジカメを使ったのは、スキャナを使うのが面倒なのも確かに理由のひとつなのだが、紙が当然の事ながら経年劣化でボロボロになっており、とても家庭用のスキャナの読み取り面にあてがう作業に耐えられそうに無かったというのもまた理由である。
ちなみに閲覧後の机には「どこの死海文書だよ!」ってくらい破片が散らばっていた…。

Cimg2354

さて普通に掲載したいのは山々なのだが、ココログは画像一枚当たり1MBという上限があるので縮小しなきゃいけない。しかしこれが面倒なので、Picasaにアップした画像にリンクをすることで済ませたいと思う。

①機関紙記載の組織名称の変化

写真に写っているのは126号(1968.11.15)~129号(1969.01.01)までの四部のタイトル部である。
注目すべきは127号の「滞納紙代の一掃を!」ではない。

拡大した画像を見て欲しい。

126号、127号の名称は、
「日本革命的共産主義者同盟 全国委員会 革命的マルクス主義派」
なのだが、128号からは、
「日本革命的共産主義者同盟 革命的マルクス主義派」
となっている。
これが地方の一支部の機関紙記載の組織名が変わったくらいなら、(元々革共同全国委が分裂して出来た組織だから)、「組織名称の表記揺れを全国的に統一でもしたのかな?」くらいにしか思わないが、中央の機関紙だから、それなりの理由があるんじゃないかと目を通してみたが特別な記述は無かった。

「正式名称なんて特別意味は無いんじゃないか?」という意見もあるだろうが、それならそもそも「全国委員会」を消す必要が無いわけで…。
この辺の事情に通じてる方は教えてくださいな。

②伏字

一部伏字になっている。戦時中のブルジョア・マスコミは伏字にする時は「○」だったなってくらいの話で特に言及した意味は無い。
なお今回引用した画像は1969.11.21 革マル派 「解放」 号外 一面下部のものである。

③反戦高連のヘルメット

反戦高連といえば革マル派の高校生組織であり、以前に当ブログで紹介したところ様々な情報が寄せられた。

まずは機関紙に載っていた写真を見て欲しい。

お分かりいただけただろうか…。

ちょっとよってみよう。

写真中央部の人物のヘルメット(人物は反対を向いているので、ヘルメット後部ということになる。)には、先の記事で滔天さんから寄せられた情報

―――――――――――――――――――――――――――――

あと、反戦高連のメットについて、横浜ならばZにYを重ねたと書きましたが、横浜の高連は東京ブロックに分けられ、Zに重ねた文字はTだったと、横浜の高連OBから聞いたことを思い出しました。「あれ、Yじゃないのか」とまぜっかえしたものでした。

投稿: 滔天 | 2010年6月29日 (火) 17時06分

―――――――――――――――――――――――――――――

にあった、「ZにTを重ねたマーク」が見えるのだ。

わかりにくいようなので、その部分を加工した。

Tを強調した画像

Zを強調した画像

写真真上の矢印でページを送って見ると、わかりやすいと思う。

今回纏まった数の「解放」を手に入れたが、反戦高連の写真は少なく、またあってもかなり引いた画像か、後ろから写した物が多い。これは滔天さんの指摘にあった、

―――――――――――――――――――――――――――――

反戦高連のメットに話を戻しますが、高校名は表記しませんでした。69年だったか、各都道府県教育委員会が、高校生の政治活動を禁じる5項目ほどの通達を出し、厳しい処分で臨んだからです。一方、革マル系全学連のメットは、後部に大学名を書いていたはずです。

投稿: 滔天 | 2010年6月25日 (金) 21時46分

―――――――――――――――――――――――――――――

という事情によるものではないかと思われる。

④国労のヘルメット

国労のヘルメットについても、先の反戦高連の記事内で滔天さんから情報を戴いている。抜粋して寄せられた情報を以下に整理する。

―――――――――――――――――――――――――――――

ヘルメットの下部外周に巻いた帯は、全学連並びに反戦高連は「赤」動労が「青」、国労が「黒」と決められていました。

投稿: 滔天 | 2010年4月24日 (土) 10時45分


国労のメットは、正面に「国労」とだけ。脇に「反合理化」とあった記憶もありますが、定かではありません。あと、後部には組合の支部名を書いていたかもしれません。
労線なので、反帝・反スタとは記していなかったことだけは、記憶にあります。

投稿: 滔天 | 2010年6月25日 (金) 21時21分


追伸 うろ覚えですが、革マル系の国労、動労は、「反合理化」と、「マル生粉砕」のスローガンをメットに書いていたような気がします。マル生とは、経営側と右翼労組・鉄労による生産性向上運動のことです。

投稿: 滔天 | 2010年6月25日 (金) 21時36分

―――――――――――――――――――――――――――――

今回入手した「解放」からは二種類の国労と思しきヘルメットを見出すことが出来た。

一つ目は、白地に鉢巻状黒(?)線に「国鉄反戦」のヘルメット(1970.07.15 「解放」 165号 三面)

二つ目は、白地に鉢巻状黒(?)線に「国労」のヘルメット(1971.12.25 「解放」 217号 一面)

一つ目の方は存在するか知らないけど「国鉄反戦青年委員会」で二つ目こそが「国鉄労働組合」のヘルメットかとも思ったのだが、「国鉄反戦」のキャプションが「国鉄労働者」ではなく「国労労働者」であることが引っかかるのだ。先頭のメット部隊が国鉄反戦でその後ろのメットを被っていない人が国労労働者ということか。私の間違いですね。
何れの写真も革マル派国鉄委員会名義の記事内で使われている。

⑤初期の内ゲバ

横国大富士見寮における革マル派活動家水山敏美君殺害に関する記事である。(1971.11.15 革マル派「解放」 213号)
写真は四枚ほどあるので、そのまま写真真上の矢印を送って見て欲しい。

なおこの時点での党派闘争における革マル派の死者は前年の海老原君(中核派による)と町田君(人民党=日共によるとされる)の2名をあわせた3名である。

⑥革共同第三次分裂

これも特に意味は無い。単純に革マル派自身が「革共同第三次分裂」という用語を使ってたんだなぁと思っただけ。(1972.01.15 革マル派「解放」 219号)

⑦連合赤軍に関する革マル派の見解

これも写真は三枚あるので、そのまま写真真上の矢印を送って見て欲しい。(1972.04.05 革マル派「解放」 227号)
拡大すれば本文が読めるはず。

⑧早稲田大学政治経済学部自治会再建の記事

僕の認識では法学部が民青のほかは全部革マル派系自治会で、政経は空席だったと思ったが、再建は一応しているようだ。(1972.02.05 革マル派「解放」 221号)

⑨スト共闘のヘルメット

写真左側の、デモ隊の写真をとっている人の直ぐ右に覆面をしているデモ隊員の正面が写っているが、「スト○…」と書いてあるように見える。キャプションにある「スト共闘」かと邪推。(1972.03.25 革マル派「解放」)

⑩官公労のヘルメット

写真中央の旗「沖縄官公労 農林支部」の旗手のヘルメットを見ると「官○…」と書いてあるように見える。

他にも色々あるけど眠いので寝ようと思います。解放に関しては34枚の写真がフォトアルバムに上げてあるので良かったら見てください。

2010年5月 9日 (日)

【転載】 模索舎再建に圧倒的な協力を!

模索舎40周年ブログより

〈模索舎から皆さまへのお願い〉

2010年3月19日 15:35
 模索舎は今年で創立40周年を迎えました。1970年に「スナックシコシコ+情報センターへの模索舎」として設立され、これまで存続してこられたのは、皆様の温かいご支援の賜物です。謹んで御礼申し上げます。

 しかしながら現在、模索舎の経営は逼迫しております。40周年にあたる今年の10月に果たして存続できているか、おぼつかない状況です。

 模索舎は通常の書店とは異なり、卸業者である取次を経由せず、出版社や制作者の方々と直接取引をしながら、一般書店で置かれることのない少部数の出版物やミニコミを、原則無審査で取り扱っています。商業的な流通システムから弾かれる出版物も貴重な民衆の財産であり、その表現の自由の保障を模索舎は理念に掲げ活動しているからです。

 オンライン通販の普及以降、出版・流通を取り巻く状況は大きく変化しました。現在は電子書籍の普及を控え、多くの書店がその存在意義を問われています。資金の潤沢な大手とは異なり、模索舎はいよいよ土俵際へと追い込まれていくことでしょう。

 この状況において、私たちは運営にかかる経費の見直しを慎重に行い、もともと高いとは言えない人件費の削減を行いました。また抜本的な改革が必要であるとの認識から、舎外にも協力を求め、有志により再建実行委員会を結成し、組織運営や活動のあり方に関して何度も協議を重ねて参りました。

 再建の嚆矢として、3月22日に40周年イベントを開催することとなり、この告知に合わせ、模索舎が陥っている経営的な問題を公表したところ、思いがけぬ大きな反響があり、多くの方から温かい励ましの言葉や、支援を募る呼びかけをしていただきました。

 この流れを絶やさず、模索舎を再生させるため、私たち自身これまでのあり方を省み、必要な見直しを行っていく所存ですが、その取り組みのためには、皆さまによる支援がどうしても欠かせません。

 ここに私たちは、模索舎の存続と発展のため、カンパのご協力をお願い申し上げます。またお知り合いの方に一人でも多く、この話を広めていただければ幸いです。

改めてこれまでのご愛顧に感謝申し上げますとともに、いま一度のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

模索舎員・模索舎再建実行委員会


【カンパ振込みの詳細】

個人=一口1000円、団体=一口5000円より

郵便振替 00140-2-623268
加入者名:模索舎を支援する会

※通信欄に「支援カンパ」とお書きください。
また店頭でもお受けいたします。

そして、本をお買い求めいただくことがなにより支えになります。
模索舎ではミニコミ、機関紙だけでなく、人文・社会系書籍、CD、Tシャツなども取り揃えております。
webページで通信販売もご利用いただけます。
これまで以上に品揃えに力を入れていきますので、ご愛顧の程をお願い申し上げます。

呼びかけ:模索舎/模索舎再建実行委員会
連絡先:模索舎
〒160-0022東京都新宿区新宿2-4-9
TEL:03-3352-3557/FAX:050-3505-8561
Email:mosakusha@mosakusha.com/URL:http://www.mosakusha.com/ 

40周年ブログ:http://www.mosakusha.com/mosakusha40/

2009年7月18日 (土)

不明・未確認ヘルメット一覧

随時更新予定ですが、暫定リストです。

不明ヘルメット一覧

【名称】不明
【ヘルメット】「救対」。
「三里塚野戦病院日記」で確認。

【名称】不明
【ヘルメット】「入管実」。
中核派及び反戦高協と共にデモをしていることから中核派系と見られる。1970年10月8日羽田闘争三周年全関西総決起集会後のデモにて確認。

【名称】不明
【ヘルメット】前面に「三斗委」、後面に「早大」。
早稲田大学の委員会と見られる。

【名称】不明
【ヘルメット】「安保研」。
早稲田大学のサークルと見られる。

【名称】不明
【ヘルメット】「教」。
早稲田大学のサークルと見られる。

【名称】不明
【ヘルメット】赤地に「全高闘」。

【名称】不明
【ヘルメット】黒地に「北」。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「院斗連」。

【名称】不明
【ヘルメット】黒地に「反帝」。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「浪闘委」。
中核派系と見られる。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「第一軍団」。
全国全共闘第一軍団か?

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「文自」。
中核派系自治会と思われる。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「反軍」。
中核派系と見られる。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「市民共闘」。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「西洋共闘」。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「反安保」。

【名称】不明
【ヘルメット】青地に「サ闘共」。
解放派系組織。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「部落研」。
中核派系と見られる。全国部落研関係か。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「反戦会議」。
中核派系と見られる。 高校生?

【名称】サークル連絡協議会?
【ヘルメット】緑地に「サ連協」、「虫」。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「市民共闘」。

【名称】不明
【ヘルメット】白地に「西洋共闘」。

【名称】ノンセクト?
【ヘルメット】黒地に「叛」。

【名称】不明
【ヘルメット】白抜き「労」。

【名称】不明
【ヘルメット】「世界革命」。

【名称】不明
【ヘルメット】「革新会議」。
東大封鎖解除の写真で確認。

【名称】不明
【ヘルメット】「NS」。
1969年7月24日東京教育大筑波移転反対デモにて確認。

【名称】 不明
【ヘルメット】「反帝学戦」
竹内ブント成立より以前の写真で確認。

未確認ヘルメット一覧

【名称】共産主義者同盟(統一委員会)
【ヘルメット】赤地に「反帝戦線」後ろに「戦旗」。
(正統)さんのご協力で判明しました!ありがとうございました!

【名称】労働者共闘会議
【上部団体】共産主義者同盟(統一委員会)
【ヘルメット】赤地に「労共闘」。 

【名称】共産主義者同盟蜂起派
【ヘルメット】赤地に「反帝戦線」後ろに「蜂起」。

【名称】東水労
【ヘルメット】青地に「全水道」。

【名称】一水会
【ヘルメット】不明。青地に白字「一水会」。
(正統) さんと一日千秋のプロレタリアートさんのご協力で判明しました!ありがとうございました!

【名称】 反帝学生戦線
【ヘルメット】赤。前面に白で「反帝学戦」「駿台文学会」、横に「AISF」、後ろに「明大」。
共産主義者同盟プロレタリア派。通称竹内ブント。

【名称】 共産主義労働者戦線
【ヘルメット】赤地に鉢巻状白線「共労戦」。
共産主義者同盟旧マル戦派怒濤派。

【名称】 共産主義戦線
【ヘルメット】赤地に鉢巻状白線「共戦」。
共産主義者同盟旧マル戦派怒濤派。共労戦と共学戦が統合。

【名称】 労働者共闘or労働運動活動者評議会
【上部団体】統一共産同盟
【ヘルメット】灰色地に「労闘」or「労活評」。
関西の労働者組織が「労闘」、関東の労働者組織が「労活評」らしい。

【名称】
【ヘルメット】

【名称】
【ヘルメット】

【名称】
【ヘルメット】





2009年4月16日 (木)

労働組合その2 国鉄動力車労働組合

【名称】国鉄動力車労働組合
【ヘルメット】白地に鉢巻状青線に「動力車」。

Photo

2

Photo_2

Photo_4

5

国鉄には国鉄労働組合(国労)、国鉄動力車労働組合(動労)、鉄道労働組合(鉄労)など幾つかの組合があったが、最も過激で「鬼の動労」と呼ばれていた。労使協調路線の鉄労に対し「鉄労解体」を叫んだり、スト権を求めストを打ったりもしたが、国鉄民営化の際には鉄労と共に民営化に受け入れ、労使協調路線へと転換した。
革マル派系であるが、後に千葉地本は離脱して動労千葉となる。動労千葉は中核派系。

建交労HPには全動労の組合事務所を襲撃している写真があります。




2009年3月 3日 (火)

労働組合その1 全沖縄軍労働組合

この記事は2009年3月に執筆したものですが、HP・ブログの一時閉鎖及び再公開の際に、HPに移し、内容を大幅に加筆いたしました。

HPの加筆した記事をご覧ください。

ボリューム(E:) 労働組合等

https://sites.google.com/site/nagato0326/labor_union_home

記念すべき第一弾は、米軍占領下の沖縄に於いて戦闘的な運動を進めた全沖縄軍労働組合、略称「全軍労」のヘルメットです。個人的に最も好きな組合とヘルメットです。

【名称】全沖縄軍労働組合
【ヘルメット】色は不定。「全軍労」。

 

ヘルメットの色は黒地、黄色地に鉢巻状黒線、赤地、白地に鉢巻状黒線など多様。ただし白地に鉢巻状黒線の全軍労が最も頻繁に見受けられる。全軍労は1963年結成の沖縄の米軍基地内で働く労働者の労働組合で、沖縄本土復帰運動の中核的存在であった。殊に1968年11月20日には基地撤去を全軍労三役会議内ではじめて打ち出し、23日にはB52(核兵器搭載可能な爆撃機。同月19日に嘉手納基地に於いて墜落炎上。) ・原子力潜水艦・核兵器の三つ撤去を求めた。1971年5月19日にはゼネストを決行。67単組約6万1000人が参加した。同日には県民決起集会が開かれ6万人が集結し、右翼団体や米兵と衝突を繰り返した。
1968年から共闘関係にあった全駐労と全軍労は共闘会議を持ち共通要求を獲得する為に闘ってきたが、1976年から具体的な組織統一の作業を進めていた。1978年遂に共闘会議を発展的に解消する形で全軍労は日本本土の基地内で働く労働者の労働組合である全駐留軍労働組合(全駐労)と合流し、全駐留軍労働組合沖縄地区本部(全駐労沖縄地本)を形成した。しかし、1996年8月には雇用の維持の立場から一方的な基地の削減に反対して全駐労沖縄地本が分裂、全沖縄駐留軍労働組合(沖駐労)を結成した。2006年に沖縄駐留軍労働組合に改称した。
2006年現在の組合員数 全駐労:約6500人 沖駐労約380人。

【名称】全沖縄軍労働組合牧港支部
【上部団体】全沖縄軍労働組合
【ヘルメット】白地に「牧港」。

【名称】全沖縄軍労働組合牧港支部青年部
【上部団体】全沖縄軍労働組合
【ヘルメット】白地に「牧青」。

浦添市の面積の14%を占める広大な牧港補給基地(キャンプ・キンザー)で働く全軍労組合員が形成した。
全軍労牧港支部青年部は全軍労の中でも非常に戦闘的な部類に属した。上のような完全武装で米軍基地内を米兵と衝突しつつデモをするというのは例の無いことであったが、それをやり遂げた為に非常に有名になった。