フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

ゲリラ

2011年11月24日 (木)

沖縄返還協定批准阻止闘争から40年―中村警部補の慰霊碑を訪ねる

この記事は2011年11月に執筆したものですが、HP・ブログの一時閉鎖及び再公開の際に、HPに移し、内容を大幅に加筆いたしました。

HPの加筆した記事をご覧ください。

ボリューム(E:) 中村警部補の慰霊碑を訪ねる

https://sites.google.com/site/nagato0326/1971-okinawa

1971年11月14日の渋谷暴動事件から、今月で40年が経った。渋谷暴動の話を初めて聞いたのは共産趣味の世界に入る前、いつかは定かではないが父から聞いた。

どんなに遅くとも小学生の時であったと思う。他愛もない話をしていて話が将来のことに及んだ。父は今は普通のサラリーマンだが、実際は父の将来の夢はなんだったのかと聞くと、父は「ハワイの新聞記者」と答えた。
奇妙な答えである。
父が言うには新聞記者になりたかったのだが、1971年の渋谷暴動事件の際、火炎瓶を投げつけられ火達磨になってのた打ち回る機動隊員をテレビカメラは平然と追いかけており、消そうともしなかったことに失望したというのである。だから平和(そう)なハワイの新聞記者になりたいと。まぁハワイの件は冗談だろうけど。

父が言うには「学生側であろうと機動隊員であろうと、火達磨になって苦しんでいる人間を傍観するというのは人間性に問題がある」と。私も尤もだと思う。

これを「きれいごとだ」という人もあるかもしれない。なるほど確かにこの世界に入ってから機動隊員がどのような仕打ちをした(している)かとかはよく聞くことであるし、それによって嫌いになるのも分からないではない。だが、それでも私は火達磨になって苦しむ人が目の前に居れば何とかして消そうとするのが人間であろうと思うし、それに本来中立であるべきマスコミが手を出したとて非難される筋合いはないと思う。
後年ピューリッツァー賞を受賞したスーダンの少女の写真で物議を醸したのと同様の問題であろう。もっとも飢餓の問題は一度手を差し伸べても解消されないが、火達磨になっている機動隊員は一度消して適切な救護が施されれば足り、継続的な努力による問題解消は必要がないが。

このことについて論争するつもりはない。何と言われようと目の前で火達磨になっている学生や機動隊員が居れば私は消火に努めるのが人間であると思うし、それに反対するような輩と話すつもりはない。お引き取り戴きたい。

父がテレビで見たという火達磨の機動隊員が中村警部補であるかどうかはわからない。だが中核派が「機動隊せん滅」を唱え、若い警官が焼き殺されたという事実があり、その研究に携わる人間として一度は中村警部補の慰霊碑に手を合わせたいと思って今回、慰霊碑を訪れた。

さて、本題に入ろう。
慰霊碑を訪ねようと思ったのは現在も指名手配中の活動家のポスターに小さく慰霊碑の写真が載っていたからで、それまではその存在すら知らなかった。

実際インターネットで調べても慰霊碑の場所はわからない。個人ブログに載っていた日記から渋谷のお米屋さんの近くにあるということまではわかったのだが。
場所がネットで調べてもわからないとなると、訪ねるだけでなく場所をネット上で公開しなくてはいけない気がしてきた。

そこで過去の新聞記事を探したところ、中村警部補が襲撃されたのが渋谷区の神山町であること、慰霊碑の土地を提供したのが付近のお米屋さんだということまでわかったので検索したところお米屋さんが特定でき、Googleのストリートビューで慰霊碑の確認ができた。
場所は東京都渋谷区神山町11-10 NHKのセンター下の交差点と観世能楽堂のほぼ中間にある神山町東の交差点にあるローソンの向かいの精米店脇である。

Dsc_1697
写真の精米店の右側、クロネコヤマトの看板の辺りにある。

Dsc_1702_kai
道の反対側から慰霊碑を臨む。高さは50cmに満たない程の小さなものである。

Dsc_1682
慰霊碑。正面の碑文は不明。沢山の献花をどけるのは憚られたので。

Dsc_1707
慰霊碑全景。

Dsc_1705
横の碑文。

中村警部補のご冥福をお祈り申し上げます。

※訪問される方へ
意外と車の往来が激しい道路で歩道もないので、他の通行者や自動車等への配慮をお願いします。また事故に遭わないよう呉々も気を付けてください。

2011年5月18日 (水)

【速報】全学連(伍代委員長)、公式HPを開設

全学連(伍代委員長)、通称:革労協現代社派全学連が公式HPを開設したことを確認したので、お知らせします。

全学連(伍代委員長) 通称:革労協現代社派全学連
http://zengakuren.info

ちなみにですが、下記に現代社派以外の全学連を自称している団体のHPを列挙しておきます。
通常全学連は、委員長の名前で区別するので、公式でも「全学連(○○委員長)」という風に表記しますが、民青全学連はそのような形式をとっていないようです。しかしながら今回は便宜的に委員長名で表記しました。

全学連(小山委員長藤浦委員長 通称:民青全学連
http://www.zen-gakuren.jp/

全学連(織田委員長) 通称:中核派全学連
http://www.zengakuren.jp/

全学連(奥野委員長) 通称:革マル派全学連

http://www.zengakuren.org/

全学連(円谷委員長) 通称:革労協赤砦社派全学連
ホームページ未確認

追記2011.05.21付

どなたか「ホントにこれ現代社派全学連の公式HPなのか?」「証拠出せよ!」位な事を言って下さればよかったのですが、まさか現代社派の名前を騙ろうだなんて奴は居るわけがないし、あんな雰囲気のHPは現代社派しか作れないであろうことは明白なので、皆さん特に疑うこともなく信じて下さり、それにより私が証拠となる写真をアップロードする機会を失してしまいましたので、行き場を失った証拠写真を一応掲載することにします。

それがこれ↓

Ws000017

正直我が目を疑いました。

言い忘れてましたけど、

全学連(伍代委員長)公式HP開設おめでとう!

追記その2

呉々も言っておきますが、私は革労協現代社派シンパではないので。フツーの共産趣味者です。ですので、もし赤砦社派が全学連HPを開設したら同じような記事を書くでしょうね。


追記その3 2011.05.29付

民青全学連の委員長がいつの間にか小山農さんから藤浦修司さんに代わったことが発覚。
でも全学連HP見ても執行部人事がいまいち解らん。そんなことやってから解散が発議されるような加盟自治会が(自主規制)

2010年11月18日 (木)

新ブログ開設について


姉妹ブログボリューム(G:)を開設したことをご報告申し上げます。
今まで通り本ブログも継続し、こちらではゲバスタイルや共産趣味一般について書いていく予定で、新ブログの方では新左翼等の共産趣味関連のニュースや書評、軽い雑記を書くことになります。

両ブログともお引き立て頂きますようお願い申し上げます。

また、本日付の赤砦社派機関紙「解放」に掲載されました先日のゲリラに関する革命軍軍報は既に新ブログに転載済みです。

Front@管理人

2009年3月29日 (日)

背叛社

改訂版の記述はこちらへ

HP版ボリューム(E:) 背叛社

【名称】背叛社
【ヘルメット】黒無地。「VAGC」?

アナキズムを標榜する団体。元ベ反委メンバーの和田俊一によって日特金事件の後、1967年末に結成されたとされる組織である。1968年のメーデーでは代々木公園で日共系の労組員や学生に「革命的に突入」し、同年6月29日には日本共産党本部に二発の火炎瓶攻撃を行った。
極めてラジカルな戦術を採り武装闘争を指向して1968年6月頃から火炎瓶や爆弾の試作と深夜のテストを繰り返していたが、10月6日夜上落合のアパート(背叛社)にて爆弾製造中に爆弾が暴発しメンバー3人が負傷した。この一件で警視庁のガサ入れを受け、組織はダメージを受けた。機関紙は『ACW叛戦』、影響下にある団体に叛戦攻撃委員会、黒色学生連盟があるが勢力は小さく東京理科大や法政大に若干のメンバーが居るとされていた。

この下の写真は暴発事件後にガサ入れを受けた時の物。

19681006
1968.10.06背叛社暴発事件 捜索状況

19681006_2
1968.10.06背叛社暴発事件 室内の状況

19681006_3
1968.10.06背叛社暴発事件 押収品

※ベトナム反戦直接行動委員会(ベ反委)
1966年10月に結成されたベトナム反戦直接行動委員会(ベ反委)は結成直後の10月19日に日特金事件を起こす。この事件は機関銃を製造していた東京の日特金工業を襲撃した事件で、ゲバスタイルの十数人が塀の上に張り巡らされた有刺鉄線を切断して侵入、1階に侵入した部隊は電話機や機械部品を陳列したショーケースを破壊、2階へと上った5人は変電所の操作スイッチを破壊、作業を麻痺させた上「兵器生産停止」を要求するビラを撒いて撤退した。この行動による被害は微々たる物であったが、兵器産業を担う諸企業に衝撃を与えた。また同年11月15日には、逮捕を免れ潜伏中であった6人が豊和工業に突入を謀る事件が発生した。



2009年3月15日 (日)

共産主義者同盟赤軍派&大衆組織 革命戦線全国委員会

改訂版の記述はこちらへ

HP版ボリューム(E:) 共産主義者同盟赤軍派

 

【名称】共産主義者同盟赤軍派
【ヘルメット】赤地に「赤軍」。

共産主義者同盟諸派では最も知名度の高い党派だろう。

1969年6月「赤軍派通達」の発刊と同時に共産主義者同盟内の一フラクとして活動を始めたが、関東派から1969年7月2日付の「プロレタリア通信」内で『物理的な解体』を通告され、これに対して7月6日未明、後に蜂起派を結成するさらぎ氏を襲撃したが、同日中に関西派部隊は報復に遭い、塩見孝也氏など幹部は監禁されたが同月24日に脱出した。この際望月上史氏が転落し二ヵ月後に死亡した。翌月塩見氏らは自己批判書を提出するも除名され、28日に正式に赤軍派を結成した。

9月5日全国全共闘結成大会に於いて数にして三倍のブント連合派を打ち破って公然と姿を現わした。
このときの様子を赤軍派機関紙「赤軍」創刊第一号(1969年9月20日)より抜粋しよう。

(前略)
(意味がとりにくい部分があるがそのまま転載する)

 四・二八闘争の限界の止揚、それこそ、この全共闘の革命戦線への再編であり、この世界革命戦争を領導し抜く郡の建設であった。口先では世界革命を言いながらも内実は一国主義ソヴィエト主義世界革命戦争を言いながら内実はロシヤ革命、軍事を組織する党を言いながらも内実は統一戦線党、自然成長的党-この現代革命に於ける人民戦線左派に既にブンド中央派は陥り、実践的には世界革命第四の波に勝利しようとしていないのである。このブンド中央派以下八派総体が、仲よく肩を寄せ合いながら、古い殻を守ろうとしているのが「八派」に他ならない。
 大衆は敏感である。既に彼らは無言の内にこの事実を知っているそして、山本議長逮捕の情報は、この不安と動揺を更に一層拡大したのであった。この不安と動揺を未来への期待と飛躍へ、それこそ、我々赤軍派の登場であった。官憲の作るトンネル、そしてそこで武装解除された我々を一人一人、ラチしようとする卑劣な中央派。全大衆は自ら到達のし普遍性に到達しうる運動を要求し、歴史はこれを導く主体を創造する。この不変の法則は、我々の後退を許さなかったし、これを内在化した我々も後退はあり得なかった。
 扉をしめ、机を重ね武装して防備する中央派を、我々は赤軍を中心とした突進でこれを打ち破った
 そして、中央派の三度に渡る挑発を完膚なきまで粉砕した。戦闘が重なる度に、大衆の中から中央派にビンがとび始める。現代人民戦線派は革命的左派の固い意志一致の前に、退却せざるを得なかった。
 この強固な隊列は「蜂起貫徹、戦争勝利」のシコプレヒコール(原文ママ)を全大衆に捧げながら、拍手の中を演壇にまで行進したのであった。これこそ全共闘二万大衆して現代革命の新たな地平への転換を呼びかけた赤軍派の登場であり、将に歴史の一大転換点であった。
 全党派を領導してきたブンドの党内闘争は全党派-全大衆のものになり現代革命をめぐる人民戦線左派と革命的左派の闘いは始まったのである。

(後略)

何故か警察資料には全国全共闘での小競り合いが収録されていないので写真は掲載しないが、アサヒグラフ誌上ではブント連合派が追い詰められる写真が掲載されていた。

下は大菩薩峠事件と、ゲバスタイルで登場した幾つかの集会。

19691105
1969.11.05 大菩薩峠 塩山署より護送

19691105_2
1969.11.05 大菩薩峠 福ちゃん荘前

19700428
1970.04.28 赤軍派もマスクをとれば………

共産主義者同盟赤軍派機関紙「赤軍 第1~3号」
Cimg1836

共産主義者同盟赤軍派理論誌「赤軍 8号」
Cimg1840

【名称】全日本革命戦線(準)全国委員会
【上部団体】共産主義者同盟赤軍派
【ヘルメット】赤地に「革命戦線」。

赤軍派の大衆組織。革命戦線全国委員会に発展的解消。赤軍派が地下に潜った後は公然の大衆組織として三里塚をはじめとする闘争に参加。機関紙は「革命戦線全国通達」→「革命戦線」→「赤い星」を辿る。

19700428_2
1970.04.28 赤軍派現れる!ふく面して集会に参加

1970052901
1970.05.29 全関東労学総決起集会 会場内で独自の行動をとる赤軍

全日本革命戦線(準)全国委員会 機関誌 「革命戦線 10号」
Cimg1839




2009年3月14日 (土)

日本共産党(革命左派)神奈川県常任委員会

番外編。
後に赤軍派の中央軍と日共革命左派の人民革命軍は「統一された赤軍」連合赤軍を組織することになる。
その結成以前に日共革命左派はゲリラを行っている。1969年9月3日の米ソ両大使館に対する火炎瓶投擲と、翌4日の愛知外相訪米訪ソ阻止を目的とする羽田空港での火炎瓶投擲は、日共革命左派の最初の実力闘争であった。

1969090418_2
1969.09.04 愛知外相訪ソ訪米警備 18番スポット

19690904c
1969.09.04 愛知外相訪ソ訪米警備 (C滑走路)火炎びん投てきのあと

19690904
1969.09.04 愛知外相訪ソ訪米警備 逮捕者

ここから下は手持ちの機関紙誌類です。

日共革命左派機関紙「解放の旗」
Cimg1838


連合赤軍機関誌「銃火」創刊号
Cimg1841

連合赤軍機関誌「銃火」創刊号 付
Cimg1207




2009年3月11日 (水)

速報 革労協反主流派拠点赤砦社に家宅捜索

革労協反主流派拠点赤砦社に家宅捜索。
昨年9月12日の米海軍横須賀基地に対する二発の迫撃弾攻撃に対するもの。

資料1

G・W入港に際する公然の抗議行動。

1222341359878


資料2

革命的労働者協会(解放派) 赤砦社「解放」第871号(10月1日付)より転載。

革命軍 在日米海軍横須賀基地に革命的迫撃弾攻撃を敢行9・12

革命軍より軍報が寄せられたので、これを公表する。

軍報

 わが革命軍は九月十二日、午後十時三十分、神奈川県横須賀市にある在日米海軍横須賀基地(在日米海軍司令部)に対して日米軍基地警備隊・警察治安部隊の厳戒態勢を突破し、二門の革命的迫撃弾攻撃を敢行、在日米軍中枢機能を徹底破壊-壊滅的打撃を強制した。
 この闘いは、反革命戦争の戦略兵器たる原子力空母「ジョージ・ワシントン(G・W)」の九・二五横須賀初配備(母港化)を実力で組織する革命的ゲリラ攻撃である。
 本戦闘は、二〇〇七年、米陸軍第一軍団前方司令部移転爆砕の在日米陸軍司令部・キャンプ座間攻略二・一二戦闘につづく、間断なきわが革命的健軍武装闘争の革命的精華である。
 米帝は、イラク労働者人民を大量に虐殺しつづけ、アフガニスタンへの米軍増派を目論み、今、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の「急変事態への軍事対応策(概念計画5029)」をもって、朝鮮反革命戦争の〝口火〟をきらんとしている。
 まさに「ジョージ・ワシントン」空母打撃群の日本初配備こそ、日米反革命階級同盟の強化をテコに、朝鮮反革命戦争突入をみすえたものである。
 わが革命軍は、日帝・自公政府によるまやかしの「空自イラク撤収」をみぬき、日米反革命階級同盟の強化-自衛隊海外派兵恒久化のための、海自インド洋派兵継続をなんとしても爆砕する。
 世界大恐慌の切迫下、帝国主義の暴力的世界支配と決死対決する全世界労働者人民と国際連帯し、日帝足下、本格的権力闘争の武装的飛躍を闘いとり、プロレタリア世界革命に勝利する。

 九月十二日 革命軍

大体、軍報が出る→次号で戦闘詳報が出るの流れです。
九・一二戦闘の戦闘詳報は次の10月15日発行(当時は毎月1日、15日発行。現在は週刊化)の「解放」872号上で見開きで発表されました。