フォト

現在の訪問者数

アンケート

最近のトラックバック

web拍手

無料ブログはココログ

国際

2011年1月22日 (土)

レッドパージ期の共産党員指名手配書

この度、レッドパージ期の共産党員指名手配書を入手したので公表する。
レッドパージ下において一般刑法犯とはその性質を全く異にする超憲法的な法律によって指名手配された人々に関する内部資料であるため、これを一般に公開することは公益に反するものでなく、むしろ寄与(どのように寄与するかは私の知るところではないが)するものであると判断し公開する。

なお指名手配された人々の住所、本籍、原籍、指紋に関してはプライバシー保護の観点からこれを抹消して掲載することを了解されたい。

また、それぞれの画像をクリックすると、Picasaに飛ぶように設定してあり、リンク先では写真を拡大して細かく見ることが可能である。

また、拡大ができない場合は右上の「ダウンロード」から「写真をダウンロード」を選択して、PCにダウンロード後に閲覧すると拡大できる。

【封筒】

Photo_2

 

当該手配書と指紋採取用紙は昭和29(1954)年9月22日消印の某県警警察本部警務課差出しの実逓便に収められていた。当封書の名宛人は同県内の(現在でも)農村部の個人である。

【手配書1】

1

手配書1 表
徳田球一、野坂参三、伊藤律、志田重男、紺野與次郎、松本三益、長谷川浩、竹中恒三郎 8名の顔写真、左示指指紋

また、一番右端には8名分の別の指紋があり「この欄の指紋は、左表押捺指紋の反対の指紋であるから指頭の指紋と直接対照する場合に利用すること。」との記載がある。

1_2

手配書1 裏
徳田球一、野坂参三、伊藤律、志田重男、紺野與次郎、松本三益、長谷川浩、竹中恒三郎 8名の生年月日、住所、本籍、原籍、人相書き、署名(本人のものか?)

手配書1は1950年6月6日の公職追放後、団体等規制令違反(不出頭)で逮捕状が出た所感派中央委員9名の内、同年10月に逮捕された春日正一を除く8名であると考えられる。

参考:http://www.marino.ne.jp/~rendaico/toshi/nihonkiyosanto_nokenkiyu_toshi_12_2.htm

 

【手配書2】

2

手配書2 表
椎野悦郎、河田賢治、鈴木市藏、杉本文雄、輪田一造、保坂浩明、西沢隆二、岡田文吉、岩本巖、木村三郎 10名
の顔写真、左示指指紋

2_2

手配書2 裏
椎野悦郎、河田賢治、鈴木市藏、杉本文雄、輪田一造、保坂浩明、西沢隆二、岡田文吉、岩本巖、木村三郎 10名
の生年月日、住所、本籍、原籍、人相書き

手配書2は1951年9月4日に政令三二五号(占領目的阻害行為処罰令)違反容疑で逮捕状の出された19名の内、当時逮捕されていなかった11名の内の10名である。本手配書に掲載のない残りの1名、西館仁についてはいつ逮捕されたかなど不明。文献調査を要する。
参考:http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/25/rn1953-605.html

 

【指紋採取用紙】

Photo_3
指紋採取用紙 表


Photo_2
指紋採取用紙 裏

同封されていた指紋採取用紙に残された一名の両手の指紋については、誰のものか不明。

【本資料より推測されること】

指紋鑑定の実際がどのようであるかは寡聞にして知らないが、農村部に住む個人が以前から同県警の指紋鑑定を委託される関係にあり、同県警は指名手配者と思われる人物から採取した指紋を、レッドパージ手配者の指紋と照合するように依頼して、送付したのではないか?

→あんな小さな引き延ばしてもいない手配者の指紋で照合なんてできるのか?

→また、この手配書は持ち運びが容易にできるようになっており、鑑定依頼で送るならこのような形式の手配書である必要はないのではないか?

Dsc_0052

縦方向に五等分に折ってあるのがよくわかる。五等分された一つの面は名刺大かやや縦が長い程度の大きさ。

これをみるに、どちらかと言えば集会、あるいは共産党と関係が疑われる機関周辺での張り込みで使われる面割り用のものに思える。

こんな感じで

19690905

1969.09.05 山本の手配写真を照合中の機動隊員(於 全国全共闘結成大会)

さぁどうなんでしょうか。おそらくこのような資料が公にされることはないでしょうから真相は闇の中なんでしょうね。


2010年12月 3日 (金)

第三書館『流出「公安テロ情報」全データ』について

このブログは飽くまで政治思想などを抜きにして一共産趣味者がゲバスタイル等々を語る場ですので、政治的な発言はしないようにしてきましたが、今回は正直頭に来たので少々思うところを書きます。

流出の経緯は報道の伝えるところですので、まずはなぜこの本が出版されたのかということを確認します。

第三書館の社長北川明氏は、

―――――――――――――――――――――――――――――

「警察が内部資料と認めていない以上、出版する権利はある。警察の情報管理のずさんさやイスラム教徒を敵視する姿勢を浮き彫りにしたかった」(毎日 11/27)

「流出により日本の情報機関の信用が失墜した。イスラムを敵視する当局の姿勢も浮き彫りになった」と説明。個人情報を掲載する是非や著作権については「すでに流出しているデータである以上、出版の重要性が勝る。警察は自らの情報と認めておらず、我々には流出情報として出版する権利がある」(朝日 11/27)

「そもそも警察がテロリストを疑って個人情報を集め、違法捜査をしていることを明らかにしたかった」(共同通信 11/27)

「捜査が適正なのか問題提起したかった。個人情報を含め全文を掲載することが実態を伝えることになる」(日経 11/27)

「ジャーナリストとして捜査の違法性を問題提起した」と意義を強調し、「イスラム教徒だという理由で外国人が差別されかねず、国際問題になるのではないか」と話した。流出資料に事実誤認があるとする在日外国人もいる中、個人情報を掲載したことについて、「インターネット上に出ており、秘密性はない。いろいろな検証は当然やっている。名前が出た外国人に知らせる目的もあった」と述べた。(時事ドットコム 11/27)

―――――――――――――――――――――――――――――

と述べてきました。

つまるところ出版の目的は、

①捜査機関のイスラム教徒敵視
②違法捜査、あるいは捜査が適正かどうか
③情報管理の杜撰さ

を明らかにし問題提起をすることにあり、これらの問題提起の究極的目標は①イスラム教徒敵視姿勢の改善、②違法捜査撲滅、③適切な情報管理の実現にあるといえます。

ですが、前述の問題提起の為に個人情報(家族の実名、生年月日、通っている学校、住所、勤務先、住所歴、学歴、電話番号、携帯電話番号などなど)をそのまま掲載する必要はあったのか、甚だ疑問といわざるを得ません。

そもそも違法捜査によって侵害されるのは捜査対象者の人権であり、より直接的に侵害されるのは平穏な生活であります。個人情報をそのまま掲載するという行為は、捜査対象者のプライバシーを侵しており、公安当局の“違法捜査”と態様は違いこそすれ、捜査対象者の人権を著しく損なう行為であるという点で全く変わらないと考えます。

またこの本の表紙にはこう書かれています。

―――――――――――――――――――――――――――――

●公安当局のあまりにずさんな情報管理が露呈!!
●イスラム教徒敵視だけのオソマツな「テロ対策」!!
●FBI、CIAの機密も漏洩して国際信用大失墜!!

―――――――――――――――――――――――――――――

これらの宣伝文句からは、今回明らかになった問題点を改善していこう、あるいは違法捜査を糾弾し二度と許しはしないというような積極的態度は感じられず、公安当局の失態をあげつらおうという消極目的での出版意図しか感じられません。

私がこう感じる理由のひとつはそもそも北川氏が以前から週刊誌等でも報じられていたとおり左翼活動家であったことにあります。

たまたま今回流出したのは海外のテロリストと目される人物に対する捜査記録ですが、では流出したのが国内の過激派と称される諸団体、即ち中核派、革マル派、革労協現代社派、革労協赤砦社派等々の関係者と目される人物への違法捜査の記録であったならどうでしょうか?第三書館はそれでも無修正のまま出版をしたでしょうか?

第三書館は間違いなく今回のような全文掲載はせず、少なくとも伏字にしたであろうと私は確信しています。
そのような個人情報が衆目にさらされたら、活動家でも活動家でなくてもどれほど生活に支障をきたすかということが彼の活動家としての今までの経験を元にすれば容易に想像できるからです。

では、なぜ今回の捜査対象者であったイスラム教徒に対してはそのような配慮ができなかったのでしょうか?
よりはっきり言わせてもらえれば、テロ協力者かのように扱われたイスラム教徒たちのことなんか考えては居なかったのだとしか判断できません。でなくては、このような行動が取れるはずがない。

確かに流出した情報ですから法規範によれば保護に値しないのかもしれない。でも人間としての倫理規範に則ってやってもよい行動かどうかはわかるはずですし、わからなくてはいけないのです。

公安当局憎さのあまり、言論・出版の自由の美名に隠れて、本来最優先にされるべき力のない一個人のプライバシーが公表された場合の影響をよくよく省みず、きわめて独善的な“大義”を振りかざし今回のような血迷った行動に出たのであろうと思っています。

第三書館が一刻も早く出版を取りやめ、個人情報を公開されたイスラム教徒の方々に謝罪と補償をし、市場に出回った当該書籍を自主的に回収すること望みます。

最終更新:0時41分





2009年6月 3日 (水)

【国際】ローザ・ルクセンブルクの遺体発見か

東京新聞より転載。

独の女性革命家 ローザ・ルクセンブルク 90年ぶりに遺体発見か
2009年6月3日 夕刊

 【ベルリン=弓削雅人】一九一九年、ドイツ政府の共産主義弾圧の末に殺害された女性革命家ローザ・ルクセンブルクとみられる遺体が、ベルリンで約九十年ぶりに見つかったと独メディアが先週から一斉に報道し、波紋を広げている。殺害直後に運河で見つかり本物とされてきた遺体は、ナチス時代に所在不明となっているが、別人の可能性が出てきた。

 シュピーゲル誌などによると、新たな「遺体」は二〇〇七年に大学病院地下室で見つかった。頭部と手足の一部が失われているが、身長一五〇センチ、推定年齢四十代、左右の長さが違う脚など「驚くほど特徴が似ている」という。ただ、DNA鑑定の材料がなく、特定は困難。発見した法医学者は「“本物”の遺体の解剖所見は、致命傷の特定も不十分で、怪しいと思っていた」とメディアに語った。

 報道を受けて、ドイツ左派党のラフォンテーヌ元財務相は「国際的労働運動で傑出した才能を発揮した人物」として、連邦政府に完全解明を要求した。

 ローザ・ルクセンブルクは一八七一年、ポーランド生まれ。カール・リープクネヒトらとドイツで活動した。革命組織「スパルタクス団」を結成、ドイツ共産党を創設した。

―――――――――――――――――――――――――――――